結婚のイメージがわかないと断られた。これってどういうこと?

交際

交際中のお相手から「結婚のイメージがわかないので」と交際終了を告げられることがあります。
お断りの理由としてよくあることです。

感覚としては分かるのですが、頭で考えると、何がいけないのだろうと悩んでしまうことも。
イメージとは曖昧で明確でないものなので、分かりづらいということはあります。

そこで今回は、結婚のイメージがわかないという理由で断られたその意味について、お伝えします。

結婚のイメージがわかないという意味

たくさんデートすれば、結婚のイメージがわいてくるものなのでしょうか。
たくさんデートを重ねても、結婚のイメージがわいてくるといものでもありません。

では、「結婚のイメージがわかない」とはそもそもどういうことなのでしょうか。
その意味とは、「あなたとの結婚生活がイメージ出来ない」ということなのです。

もっと言うと「あなたを結婚相手として見られない」ということです。
これは男性からの視点と、女性からの視点とでは、相手を見るところが違います。

結婚のイメージがわく女性

結婚のイメージがわく女性として男性が注意深く見ているところを挙げます。

・女性としての魅力を感じるか。
・笑顔が多く優しいか。
・素直で可愛げがあるか。
・すぐ感情的にならず、きつくないか。
・しっかりしていて堅実そうか。
・料理など作ってくれそうか。
・家事をやってくれそうか。
・一緒にいると癒されそうか。
・依存心は強くないか。
・お金遣いは荒くないか。
・価値観にずれがあっても、歩み寄れそうか。
・仕事の関係などで、すれ違いなどないか。
・母親としてしっかりやってくれそうか。
などなどです。

結婚のイメージがわく男性

続いて、結婚のイメージがわく男性として女性が注意深く見ているところを挙げます。

・経済的に安定した生活を送れそうか。
・仕事を前向きにしていて将来性が感じられるか。
・何か問題があった時、すぐ逃げないか。
・家族との時間を大切にしてくれるか。
・家事や育児を一緒にやってくれそうか。
・大らかで人に優しいか。
・人に対して横柄な態度をとらないか。
・金銭感覚は合うか。
・お互いの価値観や考えを歩み寄れるか。
・精神的にも自立しているか。
・将来のことを考えて貯蓄しているか。
・家族との関係はどうか。
などなどです。

恋愛を楽しむのとでは見るところが違う

男性と女性それぞれ結婚のイメージがわくところを色々書きましたが、要は、男女共に「あなたと結婚生活を送りたい」と思うかどうかです。

結婚は生活なので、最初は良くても、何度か会ううちに、「自分中心なのかな?優しくない?価値観が違う?話し合いができなさそう?」など、結婚後をイメージすると、ただ恋愛を楽しむのとでは見るところが違ってきます。

「この人との交際を進めたい」と思ったら、女性は、優しさと愛嬌、女らしさはもちろんですが、金銭感覚や礼儀正しさなどしっかりした面も見せて行きましょう。
男性なら、強引ではなくても、自ら積極的にリードしたり決めたりする決断力は問われます。

結婚のイメージがわかない まとめ

今回は、結婚のイメージがわかないという理由で断られたその意味についてお伝えしました。

その意味とは、「あなたを結婚相手として見られない」ということです。
結婚は生活なので、最初は良くても、何度か会ううちに、結婚後をイメージすると、ただ恋愛を楽しむのとでは見るところが違ってきます。

女性は、優しさと愛嬌、女らしさはもちろんですが、金銭感覚や礼儀正しさなどしっかりした面も見せて行きましょう。
男性なら、強引ではなくても、自ら極的にリードしたり決めたりする決断力は問われます。

是非参考にしてみてください。

 

無料結婚パートナー紹介

婚活パートナー
本気で結婚相手を探している身元確かな多くの独身会員の中から、あなたの希望条件に叶うお相手候補を無料でご紹介しています。
まずは、お気軽にお試しください。

無料結婚パートナー紹介を
試してみる

関連記事

  1. LINE

    LINEにおける男女の認識を理解。その違いとは?

  2. 結婚に向かない

    結婚に向かない人の特徴5選

  3. 離婚理由

    離婚理由を話すタイミングはいつがいい?